知る・学ぶ

福祉用具の基礎知識

介護用ベッドや車椅子をはじめとした福祉用具は、加齢などにより低下したご利用者の身体機能を補うとともに、介護する方の負担を軽減するように工夫されています。

福祉用具の活用でご利用の可能性を広げましょう

現在のお困りごとは、福祉用具を活用して少しでも改善していきましょう。ご利用者の生活範囲を広げ、より自立したその人らしい生活の実現をサポートいたします。

福祉用具を活用するメリットと、理解しておきたいこと

福祉用具を活用するメリット

福祉用具を活用するメリット

  • ご利用者の自立の可能性を高める
  • 介助する方の負担を軽減する
  • より安全な環境づくり
 

福祉用具をお使いになることで、より安全な環境をおつくりいただけることはもちろん、ご利用者がご自分でできることを増やし自信や意欲を引き出す効果も期待できます。また、介助する方の腰痛や疲労などの身体的な負担を軽減し、動作や行為を行っていただく機会を増やします。たとえば、移乗が容易になるといった変化により、ご利用者がベッドから離れる機会が増える、などが考えられます。

理解しておきたいこと

  • 多くの種類がある
  • できることは限定される
  • 知識、技術が必要なものもある
  • 時間をかけてなじむもの
 

福祉用具にはさまざまな種類があり、それぞれに目的があります。万能ではないことを認識し、用具の特徴を把握したうえで、目的とご利用者に合ったものをお選びください。また、福祉用具の中には、その操作に知識と技術が必要なもの、すぐには生活になじみにくいものもあります。適切にお使いいただけるかどうか事前にご確認いただき、導入後も使用状況をお確めいただきながらお使いください。

製品をご検討中のお客様へ
インターネット資料請求・ご相談