製品に関する重要なお知らせ

2008.12.17手元スイッチの正しい取り扱いについて

平素は弊社製品をご利用いただき、厚く御礼申し上げます。
弊社製電動リモートコントロールベッドの手元スイッチを正しくご使用いただくために、製品情報をご案内させていただきます。

この度、お客様から、弊社の電動ベッドに誤って適合しない手元スイッチを取り付けた際、操作していないにも関らず、アクチュエーター(モーター)が作動し、ベッドの膝ボトムが上がったとの情報を入手しました。
弊社製の電動ベッドには、機種や年代の違いにより適合する手元スイッチが異なる場合がありますが、調査の結果、特定の組合せ(組合せの詳細については下記のPDFをご覧下さい)においては、電源プラグをコンセントに差したまま、手元スイッチを電動ベッドに差し込んだ際に、電動ベッドが不意に動作することが判明いたしました。但し、ベッドの電源プラグをコンセントから抜いた状態で、手元スイッチを差し込んだ場合は、その後、ベッドの電源プラグをコンセントに差し込んでも、ベッドが動作することはありません。 

 

お客様へのお願い
電動ベッドと手元スイッチを適切な組合せ(お買い上げ時の組合せ)でご使用いただければ、従来通り安心してご利用いただけます。但し、同じシリーズのベッドであっても、仕様変更等により、適合する手元スイッチが異なる場合がありますので、ベッドから手元スイッチを取り外し、再びベッドへ取り付ける際は、下記PDFもしくは取扱説明書で適合する手元スイッチの形状をご確認ください。 

   

手元スイッチを取り付ける際の注意事項
万一間違って適合しない手元スイッチを取り付けた場合でもベッドが不意に動くことを防止するため、手元スイッチを取り付ける際は、以下の手順で行ってくださいますようお願い申し上げます。


1. ベッドの電源プラグをコンセントから抜く
2. 手元スイッチをベッドのコネクタに挿す
3. ベッドの電源プラグをコンセントに挿す
4. 手元スイッチのボタンを全て操作して、ベッドが適切に動作することを確認する

※ 4. において、ベッドが動かない場合は、手元スイッチが間違えています(故障の場合は除く)
 

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerはアド

製品をご検討中のお客様へ
インターネット資料請求・ご相談