高齢者施設向け製品

新製品のご紹介

  • 2016.07.01
    安全性と使い勝手を向上させた新しいスイングアーム介助バーを発売

    スイングアーム介助バーは、医療用ベッドに取り付けて、寝返りや立ち上がりの際の支えとなる手すりです。この度発売する医療施設向けベッド用スイングアーム介助バー「KS-098AG」は、ベッドへの取り付け方法にワンタッチ式を採用。また、グリップ部をよりつかまりやすい形状にするとともに、スイングアーム部の操作レバーを見直すなどにより、ベッド利用者、スタッフ双方の安全性・使い勝手を向上しました。

  • 2015.11.25
    オフロック機構を搭載したベッドサイドキャビネットを発売

    オフロック式ベッドサイドキャビネットは、通常はキャスターがロックされた状態で不意な動きを抑えます。操作レバーを引きあげている間だけキャスターのロックが解除されてキャビネットを動かすことができます。移動距離が長いなどの場合は、キャスターのロック解除状態を保持することも可能です。

  • 2015.11.18
    超低床ベッド・FeeZシリーズを発売

    「FeeZシリーズ」は、最低床高15cmの超低床設計をベースに、快適な背あげ機構・らくらくモーションや液晶表示付き手元スイッチなどパラマウントベッド独自の機能を加えた電動ベッドです。

  • 2015.10.01
    「メーティスシリーズ」をフルモデルチェンジ、「メーティスPROシリーズ」発売

    新しい背あげ機構・カインドPLUSモーションを搭載。従来の背上げ動作に、ベッド全体が傾く動きを加えることで、起き上がり時の身体のずれや圧迫感を大幅に軽減し、背上げ後の姿勢を安定させます。この背上げ機構では、足先が座面よりも下がるため、上体が動かしやすくなるほか、離床のしやすさも向上します。  また、フレームの素材や構造を見直すことで当社従来品に比べ約10%、軽量化しました。さらに、キャスターの形状やベッドの重量バランスを見直すことで搬送性を向上。当社従来品に比べてベッドを動かす際(初動)に必要な力を約20%削減するなど、ベッド搬送業務の負担軽減を図りました。  ベッド内蔵のセンサーにより、利用者の起き上がりなどの状況をナースステーションなどに通知する機能「離床CATCH」は、ベッド上に利用者がいない状態でも設定できるようになるほか、意図しない電源遮断があった場合でも復旧後に再設定する必要がなくなるなど、使い勝手が向上しました。

  • 2014.12.01
    不意な動きを防止する新しい移動ロック機能を搭載したオーバーベッドテーブル

    ガススプリング機構により、レバー操作で無段階の高さ調節ができるオーバーベッドテーブルKF-830シリーズに、不意な動きを防止する新しい移動ロック機能を搭載したタイプを追加します。新しく追加するラインアップは5機種。ロックの解除は手元での操作が可能です。

  • 2014.12.01
    介護リフト用スリングシートのラインアップを拡充

    利用者の体格や症状等にあわせてお選びできるよう、より幅広い種類やサイズのスリングシートをラインアップに追加しました。

  • 2014.09.25
    新しい装いの3モーター電動ベッド「アルデコラシリーズベッド」を発売

    「アルデコラ」シリーズは、病室・居室との調和をコンセプトに、上質感を持たせつつどのような空間でも合わせやすいよう、金属調のデザインを取り入れたほか、アルミ製のボードは、透明パネルに様々な色柄のシートを挟むことで、デザインのバリエーションを広げることができます。

  • 2014.08.26
    ベッドと連動する床ずれ防止エアマットレス「ここちあ結起」を発売

    高い体圧分散性能を持つことに加え、ベッド背上げ時の身体のずれや圧迫を軽減するエアマットレスです。適合ベッドと連結することにより、背上げ角度に応じてエアマットレス内を最適な圧力に自動調節します。例えば部分的に圧力を変化させることで人の手で行われる背ぬきや姿勢保持などもサポートし、背上げ時の床ずれリスクを軽減します。  また、床ずれ防止エアマットレスでは初めて、操作パネルに「ガイダンス機能付きのフルカラー液晶画面」を採用しました。大型の液晶画面で設定状況や各機能の説明などを絵と文章で表示します。  そのほか、エアポンプの機能を大幅に高めることで、使い始めるまでの準備に要する時間を約2分の1に短縮(当社従来品との比較)。停電など電源供給がなくなった場合には自動的にエア漏れを防ぎ、約2週間エアを保持することができるなど、使い勝手や安全性にも配慮しました。

  • 2013.07.01
    伸びて身体のずれを軽減する「ストレッチシリーズマットレス」を発売

    ベッドの背あげに追従してマットレスが伸びる新機構・ストレッチシステムの採用により、背あげにともなう身体のずれを大幅に軽減して、安定した姿勢で起きあがることができます。 ストレッチシステムにウレタンフォームを加え、体圧分散性能に優れた「ストレッチグライドマットレス」、「ストレッチフィットマットレス」。薄型・軽量な「ストレッチスリムマットレス」の3機種をラインナップ。全機種に次亜塩素酸ナトリウムに対応する清拭タイプ(耐薬品性防水カバー)と側地をつけたまま洗浄可能な通気タイプ(通気・通水カバー)をご用意しています。

  • 2013.06.26
    ベッドサイドレール KS-191G を発売

    スイングアーム介助バーとの組み合わせに適したコンパクトサイズ。スイングアーム介助バーとの組み合わせたときにできるすき間について、病院用ベッドのJIS規格(JIS T 9205:2009)に定められた寸法を満たしています。

製品をご検討中のお客様へ
インターネット資料請求・ご相談