パラフロートマットレス KE-851A
洗って干せるなど、ご家庭で布団感覚で使える 体圧分散マットレス。
  • ●体圧を分散する3層(トップ1層+ボトム2層)構造
  • ●取り外して洗濯可能な分割式のトップクッション
  • ●ウレタンフォーム2層構造のボトムクッション
  • ●トップカバーは取り外して洗濯が可能
  • ●MRSAの増殖を抑制
  • ●シーツ止め、ハンドル付き
サイズ 全幅91・全長191・厚み16cm
価格 ¥100,000.(税抜)
TAISコード 00170-000161
  • 体圧を分散する三層(トップ1層+ボトム2層)構造

    やわらかいポリエステル繊維のトップクッションを、低反発ウレタンフォームと高弾力性ウレタンフォームを組み合わせたボトムクッションのうえに設置した三層構造で、体圧を効果的に分散します。

    070611_03_KE851A.jpg
    取り外して洗濯やローテンションが可能なトップクッション

    トップクッションは3分割されており、個別に取り外しが可能です。洗濯がしやすく、ローテーションをすれば部分的な傷みを抑えて、長期間使用できます。また、分割したクッションをブロックごとに交換することも可能です。

    070611_04_KE853A.jpg
    ウレタンフォーム2層構造のボトムクッション

    ボトムクッションの上層には頭部とかかと部分に切り込み加工を施した低反発ウレタンフォームを、下層には高弾力性ウレタンフォームを使用。種類の異なるウレタンフォームを組み合わせて、体圧を効果的に分散します。

    両サイドにはかためのウレタンフォームを使用

    端座位をとるときや移乗するときに姿勢が安定しやすいように、ボトムクッションの両サイドにはかためのウレタンフォームを使用しています。

    側地(トップ)は取り外して洗濯が可能

    側地(トップ)はファスナーで取り外しができ、洗濯が可能です。また、液体などからクッション材を保護するために、トップカバーの裏面には防水フィルムをラミネートしています。

    側地(ボトム)は清拭消毒に対応

    側地(ボトム)は、抗菌性、難燃性に優れた合成繊維を使用。また、液体などからクッション材を保護するために、トップカバーの裏面には防水フィルムをラミネートした防水加工を施してあるので、清拭消毒に対応します。

    MRSAの増殖を抑制

    MRSAによる感染を予防するために、側地とクッション材(ボトムクッション下層)には製造段階で抗菌剤を混入させる加工を施しています。黄色ブドウ球菌や大腸菌などMRSA以外の雑菌に対しても抗菌効果を発揮します。

    ※抗菌材の人体への影響(皮膚刺激や経口毒性など)はありません。

    080724_04_MRSA.jpg
    難燃加工

    側地とクッション材の両方に、着火するまでの時間が長く、いったん着火しても燃え広がりにくい加工を施しています。

    080724_02_nannen.jpg
    持ち運び用のハンドル付き

    マットレスの両側に持ち運び用のハンドルが付いています。持ち運びしやすいように、ハンドルの間隔は肩幅より少し広い約55cmに設定してあります。

    060412_KE853A_01handle.jpg
    ベッドメイクしやすいシーツ止め付き

    裏面の四隅にはシーツ止めが付いており、シーツの端を差し込むだけでシーツを固定できます。マットレスの体圧分散効果を損なわないように、シーツを適度にたるませておくなど、シーツの張り具合も簡単に調節できます。

    linenlock.jpg
    グリーン購入法適合

    材料や工法などで地球環境に与える負荷を減らし、グリーン購入法に基づく特定調達物品の基準を満たしています。

    080724_03_green.jpg
    ご使用上の注意

    ○側地(トップ)に通気性がありませんので、長時間うつぶせ寝をすると窒息するおそれがあります。 ○ベッドサイドレールや介助バーなどとマキシーフロートマットレスのすき間にからだがはさまれないようにしてください。非常に弾力性があり、側地(トップ)に通気性がないため、圧迫されると窒息するおそれがあります。 ○サイドレールや介助バーなどとマキシーフロートマットレスのすき間にチューブ(ドレーン)などがはさまれないようにしてください。チューブ(ドレーン)などが抜けたり、つぶれたりするおそれがあります。 ○側地(トップ)は、摩擦を和らげるために滑りやすい素材を使用しています。端座位をとる場合は、看護・介護する方や付き添いの方などが、からだを支えるか介助バーを持たせるなどして、滑り落ちないようにしてください。 ○ベッドサイドレールの高さが低いとベッドサイドレールを乗り越えて転落し、けがをするおそれがあります。

製品をご検討中のお客様へ
インターネット資料請求・ご相談