ここちあ Qタイプ KE-901Q
すぐれた体圧分散性能に加え、寝心地や使い心地の 良さにも配慮したエアマットレス「ここちあ」です。
  • ●ブロックコントロールによる優れた体圧分散性能
  • ●操作パネルで目的に合わせたモード設定が可能
  • ●マットレス内部に透過した湿気を排出する除湿モード
  • ●マットレス内部にポンプを内蔵
  • ●MRSAの増殖を抑制
  • ●清拭消毒に対応する防水カバー(透湿性あり)
サイズ 全長191・全幅91・厚さ13cm・質量9.1kg
価格 ¥180,000.(税抜)
TAISコード 00170-000602
  • 優れた体圧分散性を実現するブロックコントロール

    独立した25本のエアセルを身体の部位(頭部・胸部・腰部・臀部・大腿部・下腿部・かかと部)に合わせて7つのブロックに分け、それぞれが適切な内圧になるようにコントロールしています。胸部から 下腿部では、同じ箇所に体圧がかかり続けないように、内部のエアセルの内圧を、3つおきに順番で低くしたり高くしたりする三連の圧切替をおこないます(圧切替モード)。

    100316_02_KE901.jpg
    圧切替をおこなわないことで、船酔い感を軽減

    頭部に当たる頭側から4本のエアセルは、内圧を低く保った状態にして、圧切替を行いません。頭部が動かされ続けることによる船酔い感を抑え、快適に休めるように配慮した設定です。

    ※しっかりモードの場合は、頭部の内圧も高くなります。

    エアセルを上下2層化し、臀部の体圧軽減に配慮

    床ずれが発生しやすい臀部とその周辺にあたる8本のエアセルを上下2層にして、それぞれ内圧をコントロール。臀部にかかる体圧の軽減と寝姿勢の保持に配慮しています。

    他の部位よりも低圧で支え、また、圧切替により、かかとにかかる体圧を軽減

    かかと部にあたる足側から5本のエアセルでは、他の部分よりも内圧を下げて、やわらかくしています。また、一定時間経過すると、圧切替により、さらに内圧を下げます。ふくらはぎで支えるようにして、かかとはほとんど体圧のかからない状態に移行。この圧切替動作を繰り返します。

    ※しっかりモードの場合は、かかと部の内圧も高くなります。

    ベッドへの乗り降り、端座位、体位変換に適した「しっかりモード」

    ベッドへの乗り降り、端座位姿勢の安定、体位変換などがおこないやすいように、マットレスの内圧を高めます。

    ※内圧設定中は操作パネルの電源ランプが点滅します。点滅が点灯に変わったら設定完了です。 しっかりモードの状態が約1時間続くと自動的にしっかりモードがOFFになり、しっかりモードボタンを押す直前の設定に戻ります。

    さらに臀部にかかる体圧を分散する「やわらかモード」

    上層のエアセルは三連の圧切替をおこない、下層では臀部にあたる3本の内圧を下げ、腰部の3本と大腿部の2本の内圧をあげることで、臀部を浮かせた状態に近づけて、臀部にかかる体圧を抑えます。臀部にかかる体圧を効果的に低減しながら、臀部は大きく沈み込まないので、姿勢のくずれが抑えられ、自然な寝姿勢を提供できます。

    ※内圧設定中は操作パネルの電源ランプが点滅します。点滅が点灯に変わったら設定完了です。

    背上げするときに適した「背上げモード」

    背上げしたときの底づきを予防するために、マットレスの内圧を高めますが、臀部にかかる体圧を効果的に分散できるように、腰部と大腿部よりも臀部の内圧を低くしています。大腿部の内圧が臀部より高いので、背上げに伴う身体のずれを抑えることができます。また、腰部の内圧が臀部よりも高いので、骨盤が起きやすくなります。

    ※内圧設定中は操作パネルの電源ランプが点滅します。点滅が点灯に変わったら設定完了です。 背上げモードの状態が約2時間続くと、自動的に背上げモードがOFFになり、背上げモードボタンを押す直前の設定に戻ります。

    使いやすい位置に設置できる操作パネル

    操作パネルでは、お使いになる方の体重設定やモード切替などがおこなえます。ベッドのフットボードやベッドサイドレールなど使いやすい位置に設置できます。また操作パネルの接続コードは、必要であればご本人が操作できる長さです。

    電源コードを抜いてもエアが漏れない電源ボタン

    電源コードを抜く必要があるときには、操作パネルの電源ボタンをOFFにしてから電源コードを抜きます。電源ボタンをOFFにすると、エアセルからのエア漏れを止めて、内圧を維持します。電源ボタンをOFFにする直前の設定を記憶するので、再び電源コードをつなげば、記憶した設定で動作します。

    100316_03_KE901.jpg
    ポンプを設置するスペースが不要、ビルトインポンプ

    ポンプをマットレスの内部に収納しました。省スペース化できるほか、エアチューブが露出しないので、ベッド周辺での作業の邪魔にならない、車椅子が通りやすいなど、ベッド周りの環境整備にも効果的です。

    マットレスとの接触面の蒸れを軽減

    「ここちあ」の側地は湿気を透すので、身体が発する湿気をマットレスの内部に逃がすことができます。マットレス内部では、換気用のチューブがマットレス内部に風を送り、蒸れた空気を外に排出して、不快な身体の蒸れを軽減します。

    100413_01_KE901.jpg
    緊急時にすばやくエアを排出

    緊急時にはポンプからカプラを外すことで、内部の空気がすばやく排出され、約15秒※で心臓マッサージがおこなえるようになります。ポンプからカプラを外すときには、CPRラベルのある箇所のシーツを取り外し、マットレスの側地をめくり、ポンプ留めを開けて、カプラを取り外します。

    ※※空気が排出される時間は、お使いになる方の体重・体格やモードの設定状態によって異なります。

    100413_03_KE901.jpg
    寝位置表示スナップボタン付き

    マットレスの側面に寝位置表示スナップボタンが付いています。股関節(大転子)の位置を合わせることで、マットレスと身体が適切な位置関係になり、マットレスをより効果的に使用できます。

    100413_02_KE901.jpg
    清拭消毒に対応する防水カバー

    側地には、透湿性のある防水加工を施しています。湿気は透しますが、水滴をブロックするので清拭消毒に対応します。

    MRSAの増殖を抑制

    MRSAによる感染を予防するために、側地には製造段階で抗菌剤を混入させる加工を施しています。 黄色ブドウ球菌や大腸菌などMRSA以外の細菌に対しても抗菌効果を発揮します。

    080724_04_MRSA.jpg
    難燃加工

    側地とポンプケースには、着火するまでの時間が長く、いったん着火しても燃え広がりにくい加工を施しています。

    080724_02_nannen.jpg
製品をご検討中のお客様へ
インターネット資料請求・ご相談