各種情報機器をつなぎ、リアルタイムで見守り続けます。

システム概要

  • 1

    ベッドサイド端末に患者情報を集約・表示

    各センサから得られた睡眠・覚醒、呼吸数、心拍数など様々な情報を集約し端末に表示します。

  • 2

    スタッフステーションでも患者情報を表示・確認

    ベッドサイド端末に集約された情報は、ステーション端末でも表示・確認が可能。
    患者様の状態をリアルタイムで把握し、見守ることができます。

  • 3

    電子カルテシステムや機器と情報連携

    電子カルテシステムをはじめとする医療情報システムや各種測定機器、モバイル端末など、様々な機器間を連携。
    スタッフ全体での情報共有を可能にし、安心・安全なケアを実現します。

患者様の状態把握についてはこちら 通信機能による情報入力はこちら さらに詳しく さらに詳しく さらに詳しく

各センサから得られた様々な情報を集約し表示します。

体動センサを活用した見守り支援システム「眠りSCAN」はこちら>>