会社情報

受賞歴

「ぷれパレット」が第14回キッズデザイン賞を受賞

 当社が開発した、小児患者に対して検査・治療・手術の目的や内容をわかりやすく説明する(プレパレーション)ためのツール「ぷれパレット」が8月21日、第14回キッズデザイン賞を受賞しました。本ツールは、飛び出す絵本のようなパレットに、手術室や聴診器などの様々なパーツをセットしたもので、看護師などの医療従事者が医療行為を視覚的に説明できるように工夫されています。

キッズデザイン賞とは

 「子どもたちが安全に、そして安心して暮らす」「子どもたちが感性や創造性豊かに育つ」「子どもを産み育てやすい社会をつくる」という目的を満たす、製品・サービス・空間・活動・研究の中から、子どもや子育てに関わる社会課題解決に取り組む優れた作品を顕彰するものです。

 (主催:特定非営利活動法人 キッズデザイン協議会、後援:経済産業省、消費者庁、内閣府)

「ぷれパレット」

 NPO法人チア・アート(茨城県つくば市、理事長:岩田祐佳梨)と共同開発。片手で持ち運びできる大きさのパレットの中に、手術室など治療や検査が行われる空間が描かれた「背景カード」、注射器や聴診器などが描かれた「アイテムパーツ」、「人物パーツ」をセットしています。

・「ぷれパレット」の詳細はこちら↓

https://media.paramount.co.jp/service/mother-child/prepalette

・キッズデザイン賞の詳細はこちら↓

http://www.kidsdesignaward.jp/search/detail_200031