在宅介護向け製品

新製品のご紹介

  • 2020.08.03
    背上げ姿勢を追求した新機構を搭載「楽匠プラスシリーズ」

      「楽匠プラスシリーズ」は、利用が多い背上げ機能を徹底的に見直し、背だけでなく骨盤も起こす背上げ機構を搭載しました。背上げによる骨盤の後傾を抑え、利用者は安定した背上げ姿勢をとることができ、立ち上がり動作や食事がしやすくなります。
     また、利用者向けとレンタル事業者向けにそれぞれ専用アプリを用意しました。利用者向けアプリでは、スマートフォンによるベッド操作や、利用者から家族や介護者への呼び出し通知を確認することができます。さらにオプションのセンサーデバイス(2020年11月発売予定)と連携することで遠隔でも利用者の状態やベッド利用状況を把握することが可能です。事業者向けアプリでは、ベッドに異常がないか自動点検する機能などを備えています。

  • 2020.01.15
    全自動運転の床ずれ防止エアマットレス「ここちあ利楽」

    「ここちあ利楽」は、利便性と体圧分散性を兼ね備えた床ずれ防止エアマットレスです。電源を差し込むだけで、寝た人の体重、体形、姿勢の変化を検知し、自動でマットレスのかたさを設定するシステムを搭載。従来必要だった体重やかたさ設定などの操作が不要となり、専門知識がない方でも使用できるようになりました。また、エアマットレスとしては業界で初めて通気性のあるカバーをラインアップに追加。通気タイプは、マットレス内に乾いた空気をおくる除湿機能と一緒に使用することで、床ずれの原因となる皮膚の蒸れを従来品以上に軽減するほか、カバーを取り外して洗浄することもできます。さらに、ICU用マットレス以外では初めて、電動ベッドから電源供給を受けることができる機能を備えました。オプションのケーブルを使うとマットレスの電源コードが不要となります。

  • 2018.01.11
    高機能エアマットレス同等の体圧分散性を持つ静止型床ずれ防止マットレス「エバープラウドマットレス」

    「エバープラウドマットレス」はやわらかさの異なる2つの面、「エクストラソフト面」「ソフト面」を使い分けできるマットレスです。「エクストラソフト面」では、当社の「ここちあ結起3D」と同等、静止型マットレスでは最高レベルの優れた体圧分散性を実現しました。「ソフト面」は、高反発素材を用い、体圧分散性に加えマットレス上での動きやすさも併せ持ちます。また、独自生地グライドシートにより背あげ時に背部や踵部にかかる力を逃し、床ずれリスクを抑えます。ラインアップは「ドライタイプ」「清拭タイプ」「通気タイプ」の3種類をご用意。「ドライタイプ」は、カバー表面に耐薬品・防水性を備えながら吸湿・放湿機能を持つ新素材を採用。身体とマットレスの間に発生する水蒸気を吸収し、放出することで床ずれ要因の1つと言われる蒸れを軽減します。

製品をご検討中のお客様へ
インターネット資料請求・ご相談