お知らせ

2019.03.18睡眠と健康領域の新ブランド「Active Sleep」設立 2019年3月18日(月)より予約受付開始

日本初の「眠りの自動運転」を実現 日本人の睡眠のあり方を変え、働き方改革や生産性向上も目指す
睡眠と健康領域の新ブランド「Active Sleep」設立
第1弾 「Active Sleep BED」 「Active Sleep MATTRESS」「Active Sleep ANALYZER」を発売
2019年3月18日(月)より予約受付開始

 

 当社は、人それぞれに合った睡眠を取ることにより、前向きでアクティブな人生を送るための製品・サービスを総称する新ブランド「Active Sleep(アクティブ スリープ)」を設立します。その第1弾として、「Active Sleep BED」「Active Sleep MATTRESS」「Active Sleep ANALYZER」の3つの新製品を2019年3月18日(月)より予約受付開始し、2019年6月1日(土)に発売します。

 

 「日本人の睡眠時間は先進国のなかで最も短い」というOECD調査結果が発表され、“睡眠負債”が話題となるなど、現代社会において「睡眠」への関心が高まっています。一方、価値観やライフスタイルの多様化が進み、企業では働き方改革の機運も高まるなか、当社の調査では、睡眠改善に関しては多くの人が具体的な対策を取っていないということが明らかになりました。そこで、この状況を変えることが睡眠に長く携わってきた当社の使命であると考え、“人それぞれに合った最適な睡眠を取ることにより、前向きでアクティブな人生を送る”という新しい概念を提唱し、ブランドを設立しました。

 同ブランドで発売する「Active Sleep BED(以下ASB)」は、睡眠状態を測定する「Active Sleep ANALYZER(以下ASA)」を搭載することで、「入眠時」「熟睡時」「起床時」それぞれの睡眠状態に合わせて角度が自動で変化するベッドです。スマートフォンでベッドの操作ができ、背を上げて上体を起こすことで呼吸がしやすくなり入眠をサポートします。入眠時に角度をつけて眠った場合、ユーザーが眠ったことを感知すると自動でゆっくりとフラットな状態になります。熟睡するため必要な自然な寝返りが打てるよう睡眠中はフラットの状態を維持しつづけ、設定した起床時刻に近づくと、眠りが浅くなった状態を感知し自動で背上げをして、心地よい目覚めを促します。

 「Active Sleep MATTRESS(以下ASM)」は、ユーザーの体を支える6つの部位ごとに、硬さを自在に変えることができるマットレスです。合計23本のエアセルを内蔵し、このひとつひとつに空気を送り込むことで、体の部位ごとに10段階で硬くしたり、柔らかくしたりできるため、100万通りの寝心地を提供します。

 ASAは、睡眠中の心拍・呼吸・体動をモニタリングし、専用のアプリで睡眠情報を管理・分析できるセンサです。日々の眠りの採点機能があり、それを記録しつづけることで、体調管理につなげることができます。

 当社は、日本で初めて睡眠の状態に合わせてベッドの角度が自動で変わる「眠りの自動運転」を実現しました。

<本件に関するお問合せ先>
パラマウントベッドPR事務局 担当/鈴木・井上・西口
TEL: 03-5572-6072
FAX: 03-5572-6075
Mail: paramountbed@vectorinc.co.jp

 

※記載されている情報は発表日現在のものです。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

製品をご検討中のお客様へ
インターネット資料請求・ご相談