お知らせ

2021.12.23株式会社フロンティア様と福祉用具の再資源化を推進

 当社は、広域認定制度1を活用し当社製品等の再資源化を実施してきましたが、この度、株式会社フロンティア(大阪市淀川区、代表取締役社長:重森裕之)と提携し、同社の使用済み福祉用具の再資源化への取り組みを共同で開始しました。

  

 本取り組みは、フロンティア社の福祉用具レンタルを行う千葉メンテナンスセンターで使用済みとなった当社製の介護用ベッドなどを、当社が窓口となり回収・分別・解体を行い金属や燃料などへ99%再資源化するものです。

 レンタルで使用される福祉用具は、清掃、補修、消毒を行いながら繰り返しレンタルで利用される一方、最終的には廃棄される状況となっています。福祉用具の製造会社である当社は、個人利用者に福祉用具をレンタル提供するフロンティア社と共に、SDGsの12番目の目標である「つくる責任 つかう責任」に貢献するため、廃棄物の低減と適切な処理などを目的とした福祉用具の再資源化への取り組みを2021年11月19日から始めました。今後、対象地域を全国に拡大しながら再資源化の向上を図り、環境に配慮した活動を推進します。

 

※1広域認定制度

 製品が廃棄物となったものであって、当該廃棄物の処理を当該製品の製造、加工、販売等の事業を行う者(製造事業者等)が広域に行うことにより、当該廃棄物の減量その他その適正な処理が確保されることを目的として、廃棄物処理業に関する法制度の基本である地方公共団体毎の許可を不要とする環境省の特例制度。

 当社は2012年4月25日に同制度認定企業となり自社製品の再資源化の取り組みを行っています。

 

                                        再資源化の全体工程イメージ。

 

                  広域認定の範囲

 

本件に関するお問い合わせ先

パラマウントベッド(株) 広報部 鈴木

Mail:pb-pr@paramount.co.jp

TEL:03-3648-1111 

※記載されている情報は発表日現在のものです。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

製品をご検討中のお客様へ
インターネット資料請求・ご相談