レントシリーズ(2モーター) KQ-68201
省スペース設計と新しいカラーデザインで ご家庭での使いやすさに配慮した低床電動ベッド。
  • ●背の角度とベッドの高さが個別に操作可能
  • ●背膝連動と背の単独動作いずれかに切替可能
  • ●低床22cmから62cmまでの垂直昇降方式の高さ調節機能
  • ●使いやすい表示パネル付き手元スイッチ
  • ●薄型・軽量な樹脂製ボードによる省スペース設計
  • ●JIS T 9254の認証を取得
サイズ 全長192・全幅92.7・全高62.9〜102.9cm・質量76kg
価格 オープン価格【非課税】
TAISコード 00170-001021
  • 手元スイッチで、ベッドポジションの操作が可能

    背ボトムの角度(0~75°)・ベッドの高さ(ゆかからボトム上面までの高さ22~62cm)が個別に操作できます。背膝連動切替レバーを操作することで背ボトムと膝ボトムの連動または背ボトム単独動作のいずれかに設定できます。

    ※背膝連動の場合、膝ボトムの動作角度は0~20°の範囲です。

    150210_pos_se_075.jpg
    18_position_sehizaren20_asi0.jpg
    180723_09_position_highlow2262.jpg
    よく使うポジションを登録、ボタンひとつで移行可能。

    「メモリー」のボタン「1」「2」にひとつずつ、よく使うポジションやお好みのポジションを簡単に登録できます。ボタンを押していると、背・膝の角度とベッドの高さが順次自動的に動作して、登録されたポジションへ移行します。

    低床22cm + 垂直昇降方式の高さ調節機能

    ベッドが最も低い状態で床高は22cm、小柄な方でも端座位を取ったときにかかとがしっかりと接地できる高さです。62cmまで高くできるので、介護する方は腰に負担のかかりにくい姿勢がとれます。高さを調節は垂直昇降方式です。ベッドが前後にスイングしながら昇降する方式と異なり、ご利用者様がベッドに腰かけた状態であげさげしても姿勢を保ちやすい方式です。

    180629_04_KQ68331.jpg
    安全性に配慮した一旦停止機能

    ベッドの高さをさげるときに足や周辺の物を挟まないように、ボトムの高さが約36cmになるとブザーを鳴らして一旦停止します。再度↓ボタンを押すと、ブザーを繰り返し鳴らしながら最低位(22cm)まで、通常より低速でさがります。

    ※36cm以下で停止しているときにベッドをさげると一旦停止せずに最低位(22cm)までさがります。

    大きくはっきりした文字が見やすい表示パネル付き手元スイッチ

    軽量でコンパクト、手に馴染みやすく使いやすい形状です。操作内容ごとに色分けされたデザインを採用し、「上がる」「下がる」ボタンを指先でも識別できるように突起を設けています。さらに表示パネルには大きくはっきりとした文字でベッドの角度や高さを表示するなど、わかりやすく正確に操作できるように配慮しています。手元スイッチはベッドの左右どちらでも利用できます。また、手元スイッチのコードがゆかに着かないように、ベッドサイドレールなどに取り付けられるコードグリップが付属します。

    170417_02_2Mswitch.jpg
    170417_04_switch.jpg
    170417_05_switch.jpg
    使い方に合わせてベッドの機能を選択可能

    手元スイッチの裏面の設定ボタンを押すとベッドの機能を選択できる設定モードになります。設定モードにしてから、表面の各操作ボタンでベッドの機能を選択します。再度、設定ボタンを押すと選択した内容が確定されます。 使い方に合せて以下の内容を選択できます。・操作禁止:手元スイッチによる操作の「有効(操作可能)/ロック(操作禁止)」を動作部位ごとに設定できます。・速さ切換:頭・高さの動作速度を「普通/速い」に切り換えます。・自動オフ:常に電源「ON」の状態(初期設定)と、手元スイッチを60秒間操作しないと自動的に電源「OFF」にする自動オフ機能が有効な状態とを切り換えます。・操作音:手元スイッチ操作時の操作音の「入/切」を切り換えます。・メモリー:現在のポジションを仮登録します。

    ※設定ボタンを一度押してから20秒間操作がおこなわれないと、設定は反映されず元の状態に戻ります。

    170417_08_switch_t.jpg
    170417_09_switch_t.jpg
    薄型・軽量な樹脂製ボードによる省スペース設計

    ご家庭で使いやすいように、ボードの厚さを薄くし、さらに余分なスペースが要らない垂直昇降方式を採用することでベッドに必要な設置スペースを軽減しています。また、電源ケーブルにはL型コンセントを採用することで、コードが出っ張らず、省スペースをより活かすように配慮しています。ボードが薄く従来品よりも大幅に軽いので、ボードの取り外しがより簡単におこなえます。

    180628_15_rento.jpg
    180627_09_rento_Lconcent.jpg
    運転音の静かなアクチュエーターを使用

    独自に開発したアクチュエーターを使用。運転音を大幅に抑えたばかりか寝室に適した音量・音質を実現していますので、夜間でも気兼ねなくベッドの操作ができます。

    マットレスのずれを抑えるマットレス止め

    ボトムの左右両側と足側にマットレス止めがついており、ベッドへの乗り降りやベッドポジションの操作などによるマットレスの縦横両方向へのずれを防ぎます。

    JIS認証を取得

    柵(ベッドサイドレール)などの適合するオプション製品を取り付けた時にできる”すき間”についてJIS規格に定められた寸法を遵守しています。またその組み合わせについて在宅用電動介護用ベッドに関するJIS規格(JIS T 9254)の認証を取得しています。

    ※JIS規格に規定された品質要求事項に適合し、製造品質管理体制が省令等に定められた基準を満足することを、認証機関であるJQA(日本品質保証機構)により認証された製品です。

    161108_01_JIS.jpg
製品をご検討中のお客様へ
インターネット資料請求・ご相談