レッツバー 手すり KQ-9532H
取り付け工事不要の設置式手すり さまざまな段差での乗り降りをサポートします。
  • ●高さ36〜54cmまでの段差に対応
  • ●手すりフレーム2本の両手すりタイプ
  • ●手すりの高さ(5段階)と角度の調節が可能
  • ●ベースプレートにはスロープと保護マット付き
  • ●別売のアジャスターで凹凸のある場所にも対応可能
サイズ 幅80・奥行87・高106〜144cm・質量37.2kg
価格 オープン価格
TAISコード 00170-001048
  • 高さ36〜54cmまでの段差に対応

    手すりフレームを支柱への取り付ける高さを変えることで、高さ36〜54cmまでの段差に対応します。

    ※手すりと併用できる別売のステップ台(踏み台)も用意しています。

    高さと角度が調節できる両手すりタイプ

    手すり2本の両手すりタイプ。手すりの間口は51.5cmです。また、手すりの高さは5段階(5cm間隔)の調節が可能です。さらに上端側の高さを調節することで手すりの角度を調節することもできます。

    180831_20_HighLow.jpg
    180831_21_Angle.jpg
    使いやすい手すり形状

    手すりの形状は握りやすいだけでなく、握れない方でも体重をかけやすいように配慮した楕円状の形状として、上端・下端の両方に水平部分を設けることで身体を預けやすいように工夫されています。表面には滑りにくく、熱くなりすぎず冷たくなりすぎないように樹脂皮膜でコーティングが施されています。

    180903_01_letsbar.jpg
    ベースプレート

    ベースプレートのアプローチ側にはスロープが付いています。また歩行時の滑りにくさに配慮した保護マットが付属します。

    ※凹凸のある場所にも対応できる別売のアジャスターも用意しています。

    180831_26_KQ9534.jpg
    組み立て・点検のしやすさに配慮した設計

    ベースプレートと重りが分かれている組み立て式で、搬入や組み立てのしやすい仕様です。ベースプレートはFRPや発泡材を組み合わせて軽さと強度の両立を目指して作られています。また、ベースプレートを裏返さずに、お使いになる状態で支柱の着脱が可能な、組み立てや点検のしやすい構造です。

製品をご検討中のお客様へ
インターネット資料請求・ご相談