楽匠プラス(Xタイプ)背あげ1モーターベッド KQ-A1108
新開発のボトムで進化した背あげ機能とスマートフォンとの連携で、さらに使いやすいベッドです。
  • ●プラスラインボトムの採用により背あげ機能が進化
  • ●前後に動かない垂直昇降方式の高さ調節機能
  • ●スマートフォンへ通知できる家庭内呼び出し機能
  • ●最低床高を21cmと15cmに変更可能
  • ●長さをレギュラーとミニにサイズ変更が可能
サイズ 全長218.9/207.9・全幅92.4・全高63.2/57.3・質量80.5kg
価格 オープン価格【非課税】
TAISコード 00170-001464
  • 身体の動きに合わせたプラス ライン ボトム

    背あげ機能を使うときにボトムの動きが身体の動きに合いやすいように開発されたプラス ボトム ラインを搭載、身体がずれにくく、骨盤をしっかりと起こすことで、離床など次の動作がしやすい背あげ姿勢に移行できます。利用できるすべての背あげ機能をさらにやさしくグレードアップしています。また、軽量で次亜塩素酸ナトリウムに対応する耐薬品性を有する素材を使用しており、清拭消毒に対応します。

    200710_04_plus.jpg
    プラス ライン ボトムのボトム分割(腰ボトム)

    腰ボトムのサイズを人の身体に合わせて、大転子の位置にはガイドを設けました。これにより背あげするときの身体の動きとベッドの動きの軸を合わせやすくなります。また、連動など膝あげを併用するときには、骨盤をホールドするポケットを構成します。

    200710_07_plus.jpg
    骨盤を起こすプラス ライン ボトムの腰サポート

    ボトムの骨盤部分の剛性を高めて曲がり方を変更することで、骨盤をしっかりと起こして、より身体が動かしやすい背あげ姿勢に移行させます。骨盤をしっかりと起こすことで身体が足側にずり落ちにくくなるため、床ずれリスクの軽減にもつながります。

    200710_06_plus.jpg
    より背中にフィットするプラス ライン ボトムの背サポート

    ボトムの腰から胸にかかる部分の剛性を調整して、より身体にフィットしやすくしています。背あげするときに背中をしっかりと支持します。また身体との接触面積が広くなるので体圧をより分散できます。

    200710_05_plus.jpg
    身長差をカバーするプラス ライン ボトムの膝サポート

    ボトムの膝部分が多段階で曲がるので、身長差をカバーしてベッドの動きにフィットしやすくなりました。膝裏への当たりもよく、馴染みやすくなっています。

    200710_08_plus.jpg
    1モーター電動ベッド(背)

    背あげ1モーターリーズは「背ボトム単独動作」と「背膝連動」による2種類の背あげ機能(起きあがり補助機能)を搭載しています。

    背ボトムの角度を単独で調節可能

    「頭」ボタンを操作することで背ボトムの角度を水平から約75°まで調節できます。

    ※背ボトムを単独で動作させる場合には、背膝連動管を工場出荷時の状態にする必要があります。

    頭ボタン・背ボトムの角度調節【01:19】

    背膝連動による背あげ

    「頭」ボタンを操作することで、背ボトムと連動して膝ボトムが動作します。背ボトムを約75°まであげたときに膝ボトムは約14°まであがります。足ボトムステーを使用することにより膝をあげたときの足先の角度を2段階に切換えることができます。

    ※背膝連動を使用するには、ベッドを組み立てるときに背膝連動管を付け替える必要があります。

    頭ボタン・背膝連動による起きあがり【01:25】

    大きくはっきりした文字が見やすい表示パネル付き手元スイッチ

    軽量・コンパクト、手に馴染みやすい形状で使いやすい手元スイッチです。「上がる」「下がる」ボタンを指先でも識別できるように突起を設けています。さらに表示パネルには大きくはっきりとした文字でベッドの角度を表示するなど、わかりやすく正確に操作できるように配慮しています。

    200218_02_plus1MotorBackRiseSwitch.jpg
    スマートフォンと連携する「ベッド操作」アプリ

    スマートフォンに「ベッド専用アプリ」をダウンロードして、スマートフォンをベッドに登録すれば、家庭内呼び出し機能、スマートフォンによるベッド操作などが利用できます。手元スイッチの呼び出しボタンを押すと、無線(Bluetooth)の届く範囲にあるベッドの登録されたスマートフォンに通知できます。ベッドに登録されたスマートフォンでは、手元スイッチと同じようにベッドを操作できます。操作画面は、使い方に合わせてボタンの大きさなどが異なる3種類が選べます。スマートフォンを活用して接触頻度の高い手元スイッチを共有しないようにするなど、衛生面に配慮した使い方も可能です。また、「ベッド操作アプリ」ではベッドの使い方を閲覧できます。手元スイッチのボタンごとにひとつづつ動画で説明しているので、初めてベッドをお使いになる方にも理解しやすくなります。

    220121_03_appU.jpg
    200713_01_appU.jpg
    音声操作や外部スイッチ(入力スイッチ)での操作に対応

    指先でボタン操作が難しい方でも、あらかじめ登録した言葉を順番に話すことでベッドの操作ができる機能と、身体が不自由な方の身体機能に対応した外部の操作スイッチ(入力スイッチ)と連携できる機能を「ベッド操作アプリ(iOS/iPadOS端末用のみ)」に搭載しています。

    ※別途、iOS/iPadOS端末(iPhone/iPad/iPod Touch)、外部操作スイッチ(入力スイッチ)、入力スイッチに端末を接続するスイッチインターフェイスが必要です。

    220121_01_appU.jpg
    220121_02_appU.jpg
    身の回りの物品を整理できる棚付きボード

    スマートフォンやメガネ、リモコンなどが置ける棚を追加したボードです。スマートフォンの充電などに使える電源コンセントも2口設けています。棚付きボードは頭側・足側いずれにも取り付けられます。また、収納カバーも頭側・足側いずれにも付け替え可能です。ボードは次亜塩素酸ナトリウムに対応する耐薬品性を有しており、清拭消毒に対応します。

    ※棚付きボードには、キルト調シートのないホワイトアイボリーとなります。

    200710_22_Plus_Board_T.jpg
    200710_20_Plus_Board_S.jpg
    200710_21_Plus_Board_S.jpg
    オプション受け

    ベッドの両側にオプション受けを設けています。ベッドサイドレールなどの適合するオプション製品を誤った向きに取り付けられないように設計されています。

    ※ホワイトアイボリーは、キルト調シートが付きません。

    ベッドの長さの変更が可能

    1台のベッドで、レギュラーのベッドからミニのベッドにサイズ変更が可能です。

    最低床高を変更して超低床ベッドとして利用可能

    脚座の向きを変えて付け替えることで、最低床高21cmの低床ベッドとして、または最低床高15cmの超低床ベッドとして利用できます。初めてふとんからベッドに移行される方や、ベッドから転落する心配のある方にも導入しやすように配慮しています。

    200226_26_plus_X_high645_t.jpg
    200226_28_plus_X_high585_t.jpg
    「事業者サポート」アプリ

    福祉用具貸与事業者様の業務をサポートするスマートフォンアプリを用意しています。このアプリでは、レンタル時に適切な福祉用具を選んでいただけるように、福祉用具選定理由に関する情報を提供しています。また、納品時の説明に便利な操作説明動画、メンテナンス時に役立つ目視点検項目リストアップ、ベッドの電気回路の自動点検機能、点検シートの作成サポートプログラムなど、ベッドを正しく安全に使っていただくためのサポートプログラムを揃えています。

    JIS認証を取得

    柵(ベッドサイドレール)などの適合するオプション製品を取り付けた時にできる”すき間”についてJIS規格に定められた寸法を遵守しています。またその組み合わせについて在宅用電動介護用ベッドに関するJIS規格(JIS T 9254)の認証を取得しています。

    ※JIS規格に規定された品質要求事項に適合し、製造品質管理体制が省令等に定められた基準を満足することを、認証機関であるJQA(日本品質保証機構)により認証された製品です。

    161108_01_JIS.jpg
製品をご検討中のお客様へ
インターネット資料請求・ご相談